投稿

JAUS亜寒帯ラボ忘年会2019

イメージ
12月7日、特定非営利活動法人 日本水中科学協会 亜寒帯研究室(JAUS亜寒帯ラボ)の報告会兼忘年会を開催いたしました。

 あまり堅苦しく無いように、会の名称を少々(少々なのか?)崩して、
「寒くても潜りたくなる、ど変態忘年会」
としました。

 予想通りのど変態、いや、予想していた以上に様々な方面でご活躍されているみなさまに参加いただくことができ、とても嬉しく思っています。

 本当にありがとうございます!


 出席予定をしていたものの、残念ながらご都合が整わず、欠席されたかたもいらっしゃいましたが、気持ち的には参加いただいているものと考えて、会を進行させていただきました。私たちは、ワンチームです!(使ってみたかった笑)


 参加下さったみなさまの半数は、JAUS会員ではありませんが、JAUS自身の活動内容や目指すところをわかりやすく広めていくことで、賛同いただけ、活動会員などのサポーターとなっていただけると期待しております。

 あ、そうか。正会員、活動会員の他に、サポーター会員という枠もありかも。

 会は、みなさまにご協力をいただき、とても楽しいものとなりました。

 式次第は、

開会の挨拶 活動会員 平尾恵美JAUSのご案内 理事 工藤和由乾杯の挨拶 代表理事 須賀次郎(ビデオレター)2019活動報告 工藤和由然別湖ネイチャーセンターPR 活動会員 松本宏樹北海道地域観光計画社PR 活動会員 館山力生プレゼント交換会 進行 平尾恵美、五味伸太郎亜寒帯ラボ2020カレンダープレゼント閉会の挨拶 活動会員 活動皆勤賞 古澤正三と、いう流れでした。



 お世話になりました会場は、
 札幌市中央区北3条西3丁目 
 ヒューリック札幌ビル地下1階
 カフェテリア   「レトロ」

とても雰囲気の良いお店なので、おすすめです♪





 様々な思いが寄せ集まり、令和元年に発起した「亜寒帯ラボ」
当初はもちろん心配や不安もありました。
二歩進んで一歩下がる感じで、とりあえず歩き進めてゆくうちに、
少しづつ何をやりたいのかがハッキリしてきました。

 JAUSはNPOなので、特定非営利活動の中でも特に、

社会教育の推進を図る活動学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動環境の保全を図る活動災害救援活動子どもの健全育成を図る活動科学技術の振興を図る活動職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動…

JAUS 第9回ダイビング活動研究シンポジウム

イメージ
積丹では、ホッケやミズタコなどが見られる冬。
 気がつけば、もう12月。



 そんな師走の初日、
 特定非営利活動法人 日本水中科学協会(JAUS)
 第9回ダイビング活動研究シンポジウムが、
 品川にある東京海洋大学にて開催されました。




 JAUSのサークル活動的な存在の「研究会」
 私たち亜寒帯ラボも、JAUS研究会として、今年は、思っていた以上に活動できました。

 その活動報告を、シンポジウムにて発表するため、私工藤と、JAUS会員でもあり、亜寒帯ラボの活動を支援している北海道地域観光計画社 館山君の二人で、参加してまいりました。

 今年は、学生サークルによる活動を主体とした「リサーチダイビング」がテーマであり、いかにして安全管理と危機管理を考え、ダイビングを楽しみながら、水中の「なぜ?」を探求するのか?と、言う、ダイビングのセミナーではなかなか聞くことができない内容で、とても有意義なシンポジウムでした。

 観た時期はタイムリーではありませんが、ダイビングブームを巻き起こした「沈黙の世界」も、水中世界の探求、リサーチダイビングの映画でした。

 JAUSはもともとAAUSを参考にしておりますので、基本ベースは「サイエンスダイビング」であって、簡単に言うと、水中で起こることの「なぜ?」「どうして?」を継続的に潜って調べてみよう!的な活動を、楽しく、安全に実施しよう。という研究をしている協会だと思っています。

 亜寒帯ラボでも、北海道の水中の「なぜ?」「どうして?」を考えて、「こうやってみたらどうなる?」などを研究しながら継続的にリサーチダイビングを行って参ります。



 今年の発表演目は、
 ・JAUSジャーナルの紹介 副代表理事 久保彰良さん
 ・海洋大学潜水部の活動と館山坂田内湾の海について
          東京海洋大学潜水部 佐藤新さん
 ・学生による安全なリサーチダイビング手法の追求
          東京大学海洋調査探検部のみなさん
 ・出版計画リサーチダイビング 代表理事 須賀次郎さん
 ・環境DNA分析で魚礁に棲む魚類を把握できるか?
          水産研究教育機構 佐藤允昭さん
 ・石西礁湖におけるサンゴ群集の衰退と再生技術
         いであ株式会社 技術顧問 藤原秀一さん
 ・泳げる海、お台場の実現に向けて
         海辺つくり研究会 理事 森田健二さん
 ・今年度のワー…

秋深まり冬直前の然別湖ウチダザリガニ防除活動2

イメージ
初日の潜水後、温泉に浸かり、夜は食事を楽しむ。  翌日は、早朝にカナディアンカヌーを。
 持続的な活動には、潜水だけではなく、  その地域ならではのことが、楽しい!

 日本にいながら、異国のような環境を楽しめるのも、
 ここ、然別湖の魅力なのではないだろうか?

 さて、二日目は、園地での潜水。
 視界は相変わらずではあるものの、
 天気が良く、気持ちがいい。










秋深まり冬直前の然別湖ウチダザリガニ防除潜水1

イメージ
ザリガニが好きなかたは、結構多く感じる。

 日本で見られるザリガニは、
 ・ニホンザリガニ
 ・アメリカザリガニ
 ・ウチダザリガニ
 で、北海道や東北に生息するニホンザリガニが、
 唯一、日本の固有種である。

 でも、一番印象的に記憶にあるのは、
 赤いアメリカザリガニだったりする。

 昔、お祭りの出店に「ザリガニ釣り」があって、
 それはアメリカザリガニだった。

 そんな意外と身近にあるザリガニではあるものの、
 その生態などはわからないものだ。

 特定外来生物に指定されているウチダザリガニは、
 猛烈な繁殖力によって、元々の生態系を壊してしまう厄介な面がある。

 食用として移植したものなので、その増殖にはある意味成功したのかもしれないが、元の自然環境を変えてしまう事は、今となっては問題だ。

 完全に存在を駆逐する「駆除」は容易なことではない。
 これ以上生息範囲を広げない「防除活動」を行い続けることが大切だ。

 かといって、続けるためにはお金も必要。
 モチベーションを持続させるためには、参加するメンバー自身が楽しめるものであるべきだと、JAUS亜寒帯ラボでは、そう考えているのである。


 ザリガニが好きで、ダイビングをスタートさせたメンバーがいる。

 ニホンザリガニ、アメリカザリガニは、潜らなくても見ることができるのだが、ウチダザリガニは、その生息環境から、潜らなければ見ることができないということが、ダイビングをスタートさせた動機とのこと。

 また、違うメンバーは、生活している環境が、ウチダザリガニの影響で壊れてきたことを危惧し、生活環境を守りたい気持ちでダイビングをスタートした。
 彼は、ここでネイチャーガイドをしている。

 様々な思いが、この然別湖潜水防除ボランティアに繋がっている。


 その潜水環境は、四季により全く異なる。
 今回の10月中旬は、
 水温9〜10度
 視界3~5m
   場所によっては倒木に覆われる。
 さらに、ここは810mの高所域。
 上の写真のように、天候により、水中は相当暗い。

 このような環境の中で、活動を実施するには、
 それなりのトレーニングと経験も必要となる。

 安全管理として、今回も山形カシオ様のご協力をいただき、水中トランシーバー「ロゴシーズ」を活用する。
 視界の悪い中では、  ・ライトのあかり  ・人の声  は、とても安心できるものなのだ。

 今回の潜水メンバーは4名。
 8月に潜水した場…